折り畳み自転車のサイズ感

KHSとTyrellの折畳サイズを比べてみた

Ticket渋谷では二つの折り畳み自転車を取り扱っています。

四国は香川県さぬき市に居を構える国内ブランド”Tyrell”

もうひとつはアメリカの総合自転車ケーカー”KHS”

それぞれに特徴やおススメポイントがあるので順にご説明

とにかく軽いTyrell!!

Tyrell “FSX”  (左:完成状態 右:折畳状態)

<各状態のサイズ>(各所の最大部分で計っています)

<<完成状態>>    <<折畳状態>>

縦: 1550mm       900mm

横:   400mm       400mm

高:   920mm         800mm

・Tyrellの特徴やおススメポイント

1.アルミ製フレームがとにかく軽い!(写真の自転車で8.5kg)

2.パーツスペックを指定できるので好みの仕様で買える

3.Kadowakiコーティングの美しいパウダー塗装(アップチャージにてカラーオーダーも可能)

乗り心地が秀逸なKHS!

KHS “F-20R”  (左:完成状態 右:折畳状態)

<各状態のサイズ>(各所の最大部分で計っています)

<<完成状態>>    <<折畳状態>>

縦: 1530mm       900mm

横:   400mm       400mm

高:   950mm         750mm

・KHSの特徴やおススメポイント

1.クロモリ製フレームとソフトテール(フレーム後側のマイクロサスペンション)により気持ちの良い乗り心地と走行性

2.フレームセンターでの折畳で作業が簡単!(これ大事)

3.専用パーツなどではなく汎用品でカスタムやサイズ合わせが可能

それぞれに良さがある

簡単にですが両ブランドをご紹介しました。

ブランドの自転車に対するマインドの違いでこうも違いますか~とゆうくらいに違いますね。

どちらが優れているとゆう話じゃないです、どちらが使う方の用途にあっているかです。

折り畳みたい理由は様々、自転車を持って旅に出たいのか、車に積んで運ぶのか、室内で保管するためなのか・・・

それぞれに良さがありますし、もちろんここでは書ききれない良さもたくさんありますので

是非店頭で実車を見てもらって色々質問してください!

7/11現在、Tyrell、KHSともに店頭に試乗車があります!

 

 

投稿を作成しました 129

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る