アメリカ・カリフォルニアのコミューターバイク “LINUS BIKE”

多彩なランナップが揃う”LINUS BIKE”

2009年カリフォルニアでAdam McDermott氏とChad Kushner氏により誕生したまだ若い自転車ブランドがLinus Bike

二人は高校時代からの友達で、世界中を旅しヨーロッパやアジアのクラッシックなヴィンテージバイクににインスパイアーを受け自分たちが住むアメリカにもこんな素敵な自転車があったらという思いから、ビンテージルックスだけど、モダンな機構を盛り込んだ自転車を作り上げました。

パリの50年、60年代の映画を思い出させる様なヴィンテージスタイルバイクはクラッシックでいてベーシック。

サドルに座って、ハンドルを握って、ペダルを漕ぐ。

自転車のあるべき形、あるべき楽しみ方を教えてくれる生活に溶け込む自転車ブランドです。

Ticket取り扱い車種

Linus Bikeのおススメポイント

お店で取り扱う自転車は僕らなりに厳選しています。

LinusBikeはカジュアルなテイストの自転車ですが手を抜かずにしっかり考えて作られています。

 

一番おススメしたいポイントは”ホイールのサイズ”

基本的に自転車は同じモデルであればフレームサイズは違えどホイールサイズは同じです。

ホイールが大きいとスピード感はありますが小さいサイズのフレームに乗る方だとハンドリングの重さと旋回性能がどうしても悪くなります。乗車時に重心が高くなり不安感を感じる方もいらっしゃるでしょう。

Linusはここを非常に重視していてフレームサイズによってホイールサイズを変えています。

コストのかかることですが毎日の足となってくれる相棒だからこそ自分に適したものに乗りたいですよね。

手前:フレームサイズS
奥:フレームサイズM

自転車のある生活の強い味方になってくれるLinus Bike。

フロントラックやバスケット、リアキャリアにフェンダーなどアクセサリーも充実しています。

次回は各モデルの詳細をご紹介します。

投稿を作成しました 129

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る