ライトの重要性を再確認!! ~KONG PLUS~

ライトは絶対につけなきゃいけないの?

結論から言うと”Yes”

まず、法規上のルールとしては車体の後側は赤もしくはオレンジの反射板でもOK

前側は自照するライトが必要なんです。

自転車の無灯火運転は悲しいかな毎日のように見かけますが

自転”車”は立派な「車」。

つまり違反すれば道路交通法に触れることになり、罰金刑となります。

自転車人口は多いのに自転車文化の浸透が進んでいない日本では

まだまだライトの重要性・安全性が認識されていないのが実情・・・

制度の問題なんかもあるのかもしれませんがそこはそれ、

僕たち自転車屋さんが啓蒙していくしかないですね!

ちなみに公益社団法人自転車道路交通法研究会さんのホームページでは以下のように要約されています↓

ライトの点灯義務について

次のような場所を通行する場合には、ライト(前照灯・尾灯)を点灯しなければならない。

  • 夜間(日没から翌日の日の出までの間)の道路
  • トンネル内(照明が暗く50m先まで明瞭に見えないトンネル)
  • その他、濃霧の中など、50m先まで明瞭に見えない暗い場所
  • ただし、尾灯については、反射器材(後方反射板)を装備している場合には点灯しなくとも良い。
ライトの基準(東京都の例)

ライト(前照灯・尾灯)の基準については、条例で定められている。
東京都の場合は、次のとおり、性能と色が定められている。

前照灯
  • 性能:夜間、前方10m先の障害物などを確認できる光度であること。
  • 色:白色または淡黄色
尾灯
  • 性能:夜間、後方100mから点灯を確認することができる光度であること。
  • 色:赤色
反射器材の装備義務について

次のような場所を通行する場合において、尾灯を点灯することができない場合には、自転車には反射器材(後方反射板)を装備しなければならない。

  • 夜間(日没から翌日の日の出までの間)の道路
  • トンネル内(照明が暗く50m先まで明瞭に見えないトンネル)
  • その他、濃霧の中など、50m先まで明瞭に見えない暗い場所
  • 尾灯を点灯することができる場合には、反射器材は装備しなくとも良い。
    また、上記の場所を一切通行しない場合には、尾灯の点灯も反射器材の装備も必要ない。
反射器材の基準

反射器材は、次の基準を満たすものでなければならない。

  • 性能:夜間、後方100mから自動車の前照灯(ハイビーム)で照らし、反射光を容易に確認できること
  • 色:橙色または赤色

Ticket渋谷おススメのライトがこちら!

Knog “PLUS” Front&Rearset ¥4,150+tax

今から10年ほど前、イマイチピンとこないデザインが多かったライト界に颯爽と現れ

一石・・・どころか池に池に石を投げ込みまくりで常に先を行っちゃうアイテムをリリースするKnog

そのKnogの新作がこのPlusくん。

細かい数字なんかを書いてもわかりづらいので簡単に。

・結構明るい!

・前後セットで安い!

・小さいから見た目も邪魔しない!

・USB充電で楽チン!

・ウェアラブル!

以上の5点!

これだけ見たら、もう普段使いはこれでいいじゃん!

その通り、これでいいです。

自転車用のライトとして開発されてはいますがウェアラブルで

他のシーンでも使えそうなところがまたKnogらしくて僕は気に入ってます。

今Ticket渋谷イチ押しのライトです。

 

しっかりライトをつけておけば周りからの視認性も上がって安全が確保されますし

安全に運転できる=乗ってて楽しい!

自転車生活をもっといいものにするための必須アイテムですよ。

一つしかない体です、少しの投資で安全性が上がるなら安いもんで・・・

無灯火運転、ダメ絶対!

よろしくお願いします!

 

投稿を作成しました 142

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る