スタンダードなミニベロの CRAZYSHEEP CORRIEDAL

御覧の通りシャープで美しいミニベロで御座います。ビンテージロードバイクの雰囲気を引き継いだミニベロです。シャープなフレームデザインはスタンダードな自転車のデザインを抑えつつ美しさと乗り心地の良さが保持された秀逸なデザインです。カスタムも存分に楽しめますので抑えておくべきベース車両で御座います

CRAZYSHEEP CORRIEDALE + Yepp Cargo flexx

レジ袋もそのまま積み込めますYepp Cargoバスケット
スポーティーなコリデールにもマッチ致しますYepp Cargo Flexx柔らかな袋状のバスケットは展開が少ないですねー使い勝手もよろしいかと思います。今回はハンドルもアップライズに変更ゆったりとしたポジションでサイクリングをお楽しみいただけます。

ALEXMOULTON / TSR-9 FX リアキャリアにバスケットマウント

TSR-9 非分割モデル MOSS 純正キャリアにバスケットお手軽普段使いに
皆様モールトンに乗りたいかといえばそりゃあ”YES”で御座いますがルックスから敷居が高そうで躊躇される方もいらっしゃいます、こちらのTSR-9非分割モデルなら本体価格は¥220,000+taxとアレックスモールトンでも普段使の現実的な価格であることがわかります。メーカー完成車でもちょっといい感じでそれなりのスペックであればのモデルであれば20万前後は致します。ならばモールトン、選択肢として入れるべきです。

CRAZYSHEEP / Romney ロムニー RED

スタッガートフレームでユーティリティ性能の高いミニベロ Romny
新色レッドが登場致しましたがいい色ですね、ラインナップに赤系が無かったので一気に華やかになります。女性向けのミニベロとしてスタッガートやミキスト形状のものが色々とございます、Romnyはスタッガート型になります、

CRAZYSHEEP Corriedale / Gray bullhone Curana Mudgured

10万円以下なら群を抜いて美しいホリゾンタルスタイルのミニベロのCRAZYSHEEPコリデール、ご要望の多いブルホーンカスタムスタイルで御座います。スタイリッシュな街乗りスタイルですが雨の日、雨上がりも乗りますという事で泥除け装着。シンプルな泥除けであれば逆にアクセサリー要素も増しますね。

ALEXMOULTON / APB”再生”&TSRレストア

ALEXMOULTON APBとTSR一挙に2台のレストア依頼
whiteカラーのモールトンを2台持ち込まれまして一度に2台のレストアのご依頼を頂きました。蓋を開けないとわからない部分ではございますが何とか完成にこぎつけました。しっかりと現代的にカスタムできましたのでご参考にしていただけましたらと思います。

ライトツーリングスタイルのCRAZYSHEEP CORRIEDALE

クラシックなフレームがお好みの方には大変ご支持をいただいておりますCRAZYSHEEPのコリデール、カスタムがお手の物というかしっくり馴染んで消化してくれるのがコリデールでございますが今回は街乗りプラスアルファでご使用なされるとの事でこのような形に収まりました。

CRAZYSHEEP Corriedale / GRAY NOIRMALMODEL

カスタムのご紹介が多くてたまにはノーマルもご紹介させていただきます。如何でしょうかシンプル極まりないこのモデル、ここから色んなカスタムに対応可能です。キリっとしたフレーム組と肩有フォーク、長めのコラム長のステムとレトロなバーエンドシフトがハンドルでもステムでも装着が可能

ALEXMOULTON SST SP / RED CARBONWHEEL CUSTOM

ALEXMOULTON SST やっぱり良いですね カーボンホイールカスタム。大人気シリーズとなりましたALEXMOULTONのカーボンホイールカスタム店頭販売もカスタムのご依頼も絶好調で御座います。いやこれもうしょうがないですね、まず最初のインパクトでとりこにしてしまう魅力が御座います

BRUNO 2018 / Ventura Black Custom “DC165-EX”

早速ブレーキレバーをカスタムしました2018モデルBRUNO VENTURA。DIACOMPEのブレーキレバーDC165-EXに変更しております。レトロなツーリングブレーキレバーですが、ドロップポジションとフラットポジションがとれるブレーキレバーで見た目も操作性も向上しております。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る