LINUS BIKE “ROADSTER” をご紹介します

普段使いからポタリングまでこなせる”Roadster”

LINUSBIKEの中でTicketでも一番人気のモデルが定番モデル”Roadster”

“Gaston”よりも高めのハンドル位置でリラックスポジションでありながらホリゾンタルフレーム由来のペダリングの良さが売りの一台。

シングルスピード仕様で煩雑な操作もなく、とにかくペダルを漕げば進む!とゆう自転車本来の楽しみを味わえます。

しっかりチェーンに注油してあげれば変速機がない分、駆動系のトラブルリスクが少ない上に美観的にもすっきりしており服装を問わないカジュアルさを保っています。

フレームサイズ:M

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルバーパーツでまとめられ、ブラウンのサドル・グリップと相まって全体の統一感がしっかりでています。

ブレーキはペダルを後ろに回すとブレーキがかかるコースターブレーキを採用しています。

日本ではなじみの無いブレーキなので不安感を感じる方もいますがワイヤーの緩みや天候による制動力の変化が少ないブレーキでメンテナンス頻度も低いためデイリーユースな自転車には最適解です。

Roadsterのカスタム事例をご紹介します!

ノーマル仕様にLinus純正のフロントキャリア+ウッドボックス

グリップとサドルはレザーカスタムの定番PDWとBROOKSを装着しています。

これだけでもグッと雰囲気が増します。

ウッドボックス仕様

本年度の在庫は完売してしまいましたがRoadsterの内装3段変速モデルをカスタム

こちらは純正リアキャリアに加工を施したウッドボックスを装着。

Rindowの砲弾ライトもプラスしてオールドバイク感をプラスしました。

現代の自転車デザインとは違うレトロなデザインの自転車が今も人気なのはやはりそれがプロダクトとして時代を問わずに求められる完成されたモノだから。

現在進行形で進化していく競技車両も格好いいものですが肩肘張らずにゆったり自分のペースで乗りたいように乗れる自転車は毎日の生活の相棒としては最適です。

 

 

投稿を作成しました 161

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る