定期的にムーブメントが起こる “CrazySheep Bullhorn-Bar Custom”

定番だけど色あせないブルホーンバーカスタム

自転車を買って大事にしながら乗ってカスタム欲が沸いて、

まず目が行くのは”ハンドル”ではないでしょうか。

ハンドルのカスタムは確かにブレーキやシフター、それに付随する取り付け規格など

考慮する点が多くユーザーさんが自身でカスタムするには敷居の高い場所です。

サドルのようにネジ一本でポンっと交換とはいきませんから。

ハンドルを変えたい!となったらまずはご相談ください。

たかがハンドルされどハンドル、大枠の分類はあってもその中でも形状は多岐に渡ります。

使い方に合った、見た目が好みなハンドルとカスタムをご提案します。

今回のカスタムのポイントはブルホーンバーを取り付けても崩れないミニベロらしいバランス感。

ブレーキレバーの形状や実際に扱いやすさも考慮して選んでいます。

Ticketおススメのカスタムサンプルです。

 

 

投稿を作成しました 154

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る