無地の魅力 ~E.B.S HOBO Rowfinish~

京都製ハンドメイドフレームのEBS

その中でもランドナーの雰囲気を求めてる方に人気の”HOBO”

フェンダーマウントやキャリアマウントの糸巻きダボもついており

700cの細身のタイヤを装着しつつもすっきり仕上げられるフレームです。

今回はお客さまのご要望にあわせてRowfinish仕上げで完成しました。

Rowfinishは完成したフレームにカラーでの塗装は行わずに研磨だけをして

クリアーを塗布しているだけの状態。

言ってしまえば無色なので使い込むとクリアーの内側に錆が浮いてくるのが見えてきて

経年での変化を楽しめるおもしろい仕上げ方法。

シマノ105グレードのコンポーネントにスギノのクランク、日東のハンドルなど

定番のパーツで構成して

ブラックとシルバーをバランスよく配置してRowfinishのフレームの良さが際立っています。

もちろん機能性もバッチリ!

ロングライドも楽しめる仕様です。

 

投稿を作成しました 255

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る