自転車をパンクリスク解放する ~Tannus ノーパンクタイヤ~

自転車をより便利に快適に

自転車乗り永遠の課題、”パンク”

タイヤの中に空気を入れて膨らませるチューブがいるので

鋭利なものが刺さったり、段差からの落下の衝撃やタイヤとの摩擦など

色々な原因でパンクが起こってしまいます。

そんなストレスから自転車乗りを解放してくれるのが“Tannus(タンナス)”

特殊な製法で射出成型されたポリマー樹脂でできており

中にチューブがいないのでパンクが起こりづらい・・・・

ではなく、そもそもパンクする仕組みじゃない!!

素材となるポリマー樹脂はゴム製タイヤと遜色のないほど軽量で

しかも摩擦への耐久性も高いので超寿命!!

メーカーの試験では6000kmの走行で1mmしか削れていないとゆう試験結果も出ています。

Tannusは日常の脚として自転車を乗る方の強い味方です。

 

Tannusの付けてみよう

Tannusのタイヤは”LPS”を呼ばれるピンを使った方法でホイールに装着します。

このピンをリムのサイズに合わせて多数ひっかけることで

タイヤを固定し走行中の脱輪を防止してくれます。

タイヤへピンを打ち込んだらいざホイールへ取り付け!!

あとは専用の工具でピンをリムの中へムギュっと押し込んでいきます。

ピンが全部はまったら浮いている箇所がないかを確認したら作業完了です。

パッと見は普通のタイヤですがしっかりとピンははまり込んでいるので

カーブなどで外れる心配もありません。

Tannusは取り付けの特殊性から導入にはコストがかかりますが

通勤やお仕事での移動で毎日自転車に乗る方や

都度空気を入れるのがわずらわしい方などタイヤに関するストレスから

少しでも解放されて楽に自転車に乗りたい方は是非一度お試しください。

Tannusを導入する際の注意点

・タイヤ形状、リム形状などにより取り付けの可否が異なります。

どんな自転車にも取り付けできるものではないので取り付けをご希望の方は

店頭にて取り付けの可否を判断しますので自転車をお持込ください。

・Tannusタイヤはその特殊性から通常のタイヤに比べると価格が¥6,900からと高価になります。

Tannusは取り付け方法が特殊なため時間もかかりますので

それに伴い工賃も通常のタイヤ交換よりも費用が必要になります。

 

投稿を作成しました 292

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る