Bern(バーン)ヘルメットの取り扱ってます!!

 

安全のためにヘルメットをかぶろう

自転車に乗る人が一番疎かにしがちなのが「安全対策」

悲しいかな自転車には免許も必要ありませんし、乗れる年齢を問わずみんなが経験するものなので

どうしても「簡単」と思われがち・・・

自転車も立派な車両です。夜間のライトの点灯もそうですが自分の身は自分で守らなくてはいけません。

ヘルメットもそう。万が一事故が起こった場合にまず一番守らなくてはいけないのが頭部です。

昨年の東京都内の自転車事故は約13,000件もの事故が発生しています。

死亡事故も起こっていますし、決して他人事ではないんです。

店頭でお話していて耳にするのが

「自転車用のヘルメットはカッコ悪い」

自転車でヘルメットとゆうとまず思い浮かぶのが学校指定の自転車通学用ヘルメットに、レーサー用ヘルメット。

前者は見た目が現場用ヘルメットですし、後者は構造上少し頭から浮いてみえる。

先でも書きましたが見た目の問題で安全を疎かにするのはあまりに危険!!

でもご安心を。Ticketではカッコいいヘルメットを扱っていますよ。


Boston発のアクションスポーツヘルメット“Bern”

Bernのヘルメットの特徴はデザイン性とフィッティング性。

すっぽりと頭を覆えるデザインはレース系ヘルメットのように頭から浮いた見た目にはならず

モデルによっては”Flipvisor”とゆう「つば」がついていて、まるでキャップの上からヘルメットをかぶっているような

カジュアルなデザインになっています。

見た目の問題でヘルメットを敬遠していた方には何よりの解決策なヘルメットですね!!

フィッティングについても”Japan Fit”を採用しているモデルもあり、頭の幅が広い傾向にある日本人用に帽体の形をリサイズしているので

「ヘルメットはかぶると側頭部痛くて・・・」とゆう方にも安心して選んでもらえます。

繰り返しになりますが、ヘルメットひとつで事故へのリスクは大幅に軽減できます。

Bernでは子ども用ヘルメットもラインナップしていますので是非家族の安心安全のためにヘルメットをかぶって

より良い自転車生活にしてあげてください!!

 

お探しのサイズやモデルのお取り寄せも可能です。

店頭での在庫カラーやサイズはお問い合わせください。


Bern UNISEXモデル


Bern KIDSモデル


 

投稿を作成しました 269

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る