自転車用ベビーカー “Burley” 取り扱ってます

アメリカ発の自転車用ベビーカー“Burley”(バーレー)

自転車に直接取り付けるチャイルドシートではない新しい子ども乗せとして

Ticketからご提案するのが自転車用ベビーカーがBurley。

Burleyの創業は1978年に遡ります。

アメリカ・ノースダコタ州ファーゴで始まったBurleyは

元々は自転車用バッグをファーストプロダクツとしてスタートします。

その後、そのバッグを週末のマーケットで運ぶ方法として自転車で牽引するトレーラーを開発しました。

Burleyの作るトレーラーは瞬く間に話題となり、

トレーラーに限らずジョギング用ベビーカーやチャイルドトレーラーを開発し現在に至ります。

創業40年を迎えたBurleyは今では優れた設計、安全性、耐久性で

自転車用ベビーカーのベンチマークとして広く世界で愛用されています。


取り付けはとても簡単!

Burleyは取り付け金具を自転車の後輪に取り付けておけば脱着はとても簡単な作り。

お子様を乗せて走る際も金具だけ取り付けておけば

お出かけ前にも大掛かりでわずらわしい作業はなしで

サッと取り外してすぐに走り出せます。


Burleyの特徴

Burley製品の共通の特徴

・アルミ製ロールゲージ(フレーム)

・不慮の障害物からホイールをガードするホイールプロテクター

・視認性を向上させる反射素材の採用・反射板・セーフティフラッグの装備

・強度と安定性を向上させる前後方向への折り畳み構造

・UPF相当のUVカットウィンドウ


さらに細かく機能をご紹介します

Burleyのベビーカーには膨大なトライ&エラー、ユーザーからのフィードバックを元に

長年培った技術で常に進化を繰り返しています。

何とストローク量の調整が可能なサスペンション機構を搭載しています。

走る道路状況やお子様の体重などに合わせて

スプリングレートの調整もレバーで容易に設定変更が可能。

Burleyのホイールは一般的な自転車と同じスポークホイールにクリンチャータイヤ。

20インチ(406)に太目の2.125タイヤを標準装備していますので

エアボリュームも大きく、先にご紹介したサスペンションと併せて

お子様の乗り心地はもちろん、

自転車に乗るお父さんお母さんのハンドルの操舵性の向上にも寄与してくれます。

BMXではスタンダードなサイズのタイヤ・チューブなので

補修部品の手配がしやすいのも長い目でみると嬉しいポイントです。


自転車への取り付けは店舗にてご相談ください

自転車用のベビーシートは初期の設定時に

リアホイールを外して取り付け金具を装着する必要があります。

ご購入をご検討されているお客さまは必ず自転車への取り付けの可否と実際の取り付けを

店舗へご依頼ください。

製品自体の安全性は非常に高いものですが、自転車で牽引するには注意点も多いので

実際に店舗にて取り付けの上、ご説明させていただきます。

投稿を作成しました 294

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る