Stock情報 ~新機軸の折り畳み自転車 “iruka”~

遂にirukaが入荷しました!

折り畳み自転車を使うメリットってなんでしょう。

旅に出る、車に積む、室内保管する。

少し考えるだけでも色々思いつきますが東京のような大都市ほど折り畳み自転車に向いた土地はないと思います。

山手線の内径がだいたい10km。

東京は大都市なので電車やバス網も発達していますが

電車を使うにしても駅を降りてから目的地まで歩くことになりますし絶妙にどの駅からも距離があったり。

うちのお店もそんな感じですよね、渋谷からも代々木八幡からも徒歩だと少し距離があります。

バスにしてもまず電車ほどのダイヤがないのと一般道を走るので時間のズレのリスクがあります。

そこで自転車。

普段は折り畳んでオフィスや自宅に置いておいて使うときだけ組み立てて走る。

輪行袋も準備しておけば、例えば普段は5km圏内で使っていたけどその日は15km走ってしまったら

帰るときは袋にいれて公共交通機関を使ってもいいわけです。

irukaはそんな電車、自動車に変わる新しい移動手段のひとつとして開発されました。

一見、複雑な構造に見えますが折り畳みは簡単そのもの。

数回練習してもらえれば誰でも簡単に折り畳みができるようになります。

ハンドルとシートの高さ調整もレバーひとつでおこなえるのでオフィスの共有自転車としても便利に使えそうです。

iruka代表の小林さんが仰る、「ベンツよりも自転車に乗る方がイケてると言われる社会は今とは少し違うと、マジで信じてます。」

これ、僕もマジで信じてます。

全てを公共交通機関や自家用車もしくは自転車で賄うこともできますが

これらを複合的に使うことでもっと便利な東京の暮らしできるんじゃないかな、と。

是非店頭にて実車をご覧ください。

iruka代表の小林さんの開発経緯を綴ったお話は開発への熱意と自転車の可能性を信じる熱い心が伝わってくるので

こちらも是非読んでみてください。

iruka開発ストーリー


iruka

フレーム:A6061アルミ

サイズ:ワンサイズ

タイヤ:18インチ

変速:Shimano Alfine内装8段(ホイールをカスタムして外装にも対応可能)

重量:11.9kg(ペダルなし)

価格:¥212,800+tax


投稿を作成しました 250

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る